未紗のパソコン操作日記

・パソコンに関連した話題を取り上げていきます。


    50V型4Kが6万円!テレビチューナーなしで激安を実現するDMMの大画面ディスプレイ | ニコニコニュース



    掲載:M-ON! Press
    エムオンプレス

    ついに大型4Kディスプレイが6万円を下回る時代に!
    DMM.comが「DMM.make」ブランドの家電第一弾として4Kディスプレイ『DMM.make DISPLAY』を発表しました。ディスプレイと名乗ってはいますが、これは言わばチューナーを省いたことで超低価格を実現させた4Kテレビ。4Kテレビ購入の壁となっている”価格”を徹底的に抑えたという本製品、50V型の『DME-4K50D』は税抜5万9900円、65V型の『DME-4K65D』は税抜15万9900円と、なるほど確かに激安です。

    【詳細】他の写真はこちら




    他社モデルの約7〜8割という超破格プライス

    本製品の魅力はチューナーを非搭載にしたことで実現した手ごろな価格設定。DMMの調べによると、価格.comでの最安値1位の同サイズテレビやディスプレイと比べて、50V型は約7〜8割、65V型にいたっては約6割ほどの価格となっています。

    DMMでは「テレビチューナー付き機器の所有率は75.9%」「現在提供されている4K放送のうち、現行の4Kテレビで視聴できるのはスカパー!4KなどのCS放送のみであり、2018年開始予定の4K実用放送(BS放送)を視聴するには、4KのBS放送に対応したチューナーを別途購入する必要がある。チューナーレスの本製品は、現行のチューナー分の出費を抑えつつ、4K放送への切り替えを行うことが可能」と説明。

    HDDレコーダーなどのチューナー付き機器を持っている人は、いま本製品を購入すれば、2018年以降の4K実用放送開始以降は4KのBS放送に対応したチューナーを追加購入するだけでディスプレイは引き続き使えるため、少ない出費で済むということのようです。

    4Kチューナーにも対応のHDMI端子×4ポートを搭載

    両モデル共通スペックとして、3840×2160ピクセルの4Kパネル(50V型はVA方式、65V型はIPS方式)を搭載。一秒間に60フレームの4K画像を表示する4K/60p、120Hz倍速駆動に対応しています。HDCP2.2対応のHDMIポートを4基装備しているので、4Kチューナーの接続はもちろんPCなどをつないで使うことも可能。ちなみに本製品の設計・生産はUPQへの委託(ODM)とされています。

    それぞれスタンドを含むサイズと重量は、50V型が幅1125mm×高さ695mm×奥行き285mm/約13.1kg、65V型が幅1461mmx高さ902mmx奥行286 mm/約19.5kg。リモコンも付属しています。

    50V型はDMM通販、楽天市場、Amazon.co.jp、実店舗では東京・二子玉川の蔦屋家電で購入が可能。65V型は予約受付中で11月30日より順次発送予定です。

    ちなみに本製品のイメージキャラクターは江口洋介氏に決定。12月5日からテレビCMもオンエアされるそうですよ!

    文/おいでゆうこ(And-Fabfactory)、撮影/かたよせゆうた(And-Fabfactory)

    関連サイト
    『DMM.make DISPLAY』製品情報
    『DMM.make DISPLAY』DMM.com 通販 購入サイト

    関連記事
    10万円台で買える! 最新おすすめ4Kテレビ7選【2016年秋版】
    4Kテレビ43型が8万円、50型が10万円!これぞ「ハイセンス」の価格破壊か
    4K Ultra HD Blu-rayプレイヤーとしても最安だ!『Xbox One S』の国内発売が決定
    (DIGIMONO!)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【50V型4Kが6万円!テレビチューナーなしで激安を実現するDMMの大画面ディスプレイ | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1:2016/10/18(火)16:19:29 ID:
    Lenovo Thinkpadのl520買おうと思ってるんだけど不足ある?
    2:2016/10/18(火)16:22:44 ID:
    MacBookPro一択だろ
    3:2016/10/18(火)16:23:27 ID:
    Lenovo Thinkpadでいいじゃん
    【エンジニアだけどノートパソコン何にしようか迷ってるからアドバイスくれ】の続きを読む

    • カテゴリ:





    1 ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2016/10/06(木) 00:09:23.58 ID:CAP_USER.net


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    大手電機メーカー「富士通」は、パソコン事業を中国のパソコンメーカー「レノボ・グループ」と統合する方向で最終調整を進めていることが明らかになりました。かつて躍進を続けた日本メーカーのひとつがまた事業縮小に踏み切ります。

    関係者によりますと、パソコン事業を手がける富士通の子会社にレノボが株式の過半数を出資する形で両社が事業を統合する方向で最終調整を進めています。

    富士通は、福島県伊達市と島根県出雲市に工場があり、「FMV」のブランドで主に国内向けに事業を手がけています。

    一方、レノボは、2005年にアメリカのIBMのパソコン事業を買収したあと、2011年にはNECとも事業を統合し、世界最大手のパソコンメーカーに成長しました。

    富士通とレノボによる今回の事業統合は、レノボやNECのブランドの事業とは切り離す形で行う方針で、開発や部品の調達、それに生産などを共同で行うことで収益力を強化する狙いがあるものと見られます。

    また、富士通の国内の2つの工場については、事業統合後も維持する方向で検討を進める一方、FMVのブランドを維持するかどうかは、両社の間でさらに検討を進める方針です。

    富士通のパソコン事業をめぐっては、スマートフォンやタブレット端末の普及を背景に事業の立て直しが課題となっていました。

    富士通は一時、「東芝」との間で事業の統合について検討を進めていましたが、それを撤回し、中国メーカーと事業を統合することになり、かつて躍進を続けた日本メーカーのひとつがまたパソコン事業の縮小に踏み切ることになります。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161005/k10010719291000.html


    【【経済】富士通 PC事業を中国レノボ・グループと統合へ最終調整[10/06]】の続きを読む

    このページのトップヘ