未紗のパソコン操作日記

・パソコンに関連した話題を取り上げていきます。

    2016年06月




    (出典 blogc.fujitv.co.jp)





    1 筑前鐵太郎 ★ :2016/06/20(月) 18:42:50.57 ID:CAP_USER9.net

    セブン銀行はキャッシュカードがなくても、スマートフォンだけで現金自動出入機(ATM)でお金を引き出せるシステムを開発した。来春からネット専業のじぶん銀行に口座をもつ人を対象にサービスを始め、全国に約2万2千台あるセブン銀のすべてのATMで利用できるようにする。

     現金を引き出したい人は、スマホに無料でダウンロードした専用アプリに、引き出したい金額を入力する。するとスマホのカメラが起動するので、セブン銀のATMを操作して、ATMの画面上に表示されたQRコードをスマホカメラで撮影。その後、ATM画面上で暗証番号を入力すれば、現金が引き出せるという。サービス導入後もキャッシュカードは使える。

     キャッシュカードを持ち歩く必要がなく、カードデータを複製される「スキミング」のおそれが低い利点がある。セブン銀はいずれ他行の口座をもつ人にもサービスを広げたい考えだ。 将来的には銀行だけでなく、無料通話アプリ「LINE」が手掛けるスマホだけで送金できるサービス「LINEペイ」など、キャッシュカードのない新しい金融サービス業者の顧客向けにも広げたいという。(真海喬生)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000039-asahi-bus_all


    【【社会】スマホだけで現金引き出せる セブン銀行がシステム開発】の続きを読む

    1:2016/06/11(土)12:12:36 ID:
     日本年金機構がサイバー攻撃を受け、内部の年金個人情報約125万件が流出した
    事件の発覚から1年が過ぎた。インターネット上で横行する「サイバーテロ」への
    危機感が高まる中で発生した最悪規模の情報流出事件では、警視庁公安部が攻撃者の
    特定や経緯の全容解明を急いでいる。巧妙な偽装工作などによる困難な捜査の中で、
    攻撃者の残した“痕跡”から、執拗かつ巧妙な手口で情報が盗み出された実態も明らかになりつつある。

    (略)

    同一グループが「波状攻撃」? 中国語圏の人物が関与か

     警察庁のまとめでは、ウイルスを仕掛けた標的型メールや、不正アクセスなどのサイバー攻撃によって
    平成27年の1年間に、日本年金機構など少なくとも27組織で情報流出の被害を確認した。
    前年比で22件増え、確認できる25年以降最も多かった。

     複数のネットセキュリティー関係者によると、日本を標的にした同様の攻撃はここ数年で激増している。
    手口やウイルスの類似性から、同一グループが波状的に攻撃している疑いがある。
    日本年金機構への攻撃をめぐっては、送り付けられたメールの文体(フォント)から、
    中国語圏の人物が関与した可能性も浮上している。

    続き 産経ニュース 全2ページ
    http://www.sankei.com/smp/premium/news/160611/prm1606110020-s1.html
    3:2016/06/11(土)12:17:33 ID:
    ( `ハ´)国家的事業をしてるだけアル
    4:2016/06/11(土)13:03:55 ID:
    だから、「ウイルス入りメール送っとくから開封して感染させるアル」と事前打ち合わせしたスパイが紛れ込んでるんだろ
    【【衝撃事件の核心】「犯人は中国語圏」…年金機構サイバーテロ 隠蔽工作から漏れたわずかな痕跡[H28/6/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ