1:2016/04/15(金)06:05:42 ID:

 東芝、富士通両社のパソコン事業とソニーから独立したVAIO
(バイオ、長野県安曇野市)を統合する交渉の合意が難しくなり、
構想を白紙に戻す見通しとなった。統合後の成長戦略や拠点の統廃合などに
ついて折り合いがつかなかった。
パソコンは需要の減少などで経営環境が悪化しており、
事業の採算が悪い東芝と富士通は戦略の練り直しを迫られる。

続き 日経新聞・会員記事
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14I95_U6A410C1MM8000/
2:2016/04/15(金)06:12:12 ID:
もはやパソコンもハイテクじゃないしな
3:2016/04/15(金)06:28:12 ID:
富士通からすると自社のハイテクというより、
企業システム受注時に納入するクライアント端末を確保しなきゃならない。
VAIOに売り渡す代わりにVAIOから供給を受けるつもりだったんだろう。

スピンオフでPCメーカー立ち上げちゃえばいいんじゃないかね。
グループ内にPCメーカーのない某社が富士通と競合した案件で
hp製クライアントとか使ってたので、富士通PC事業はスピンオフして
相手側にも売り込めるようにしたらいい。
4:2016/04/15(金)07:53:29 ID:
また中国に奪われるの巻か
5:2016/04/15(金)21:18:45 ID:
統合したところでパソコンの先行きが不透明だしなあ