1:2016/06/11(土)12:12:36 ID:
 日本年金機構がサイバー攻撃を受け、内部の年金個人情報約125万件が流出した
事件の発覚から1年が過ぎた。インターネット上で横行する「サイバーテロ」への
危機感が高まる中で発生した最悪規模の情報流出事件では、警視庁公安部が攻撃者の
特定や経緯の全容解明を急いでいる。巧妙な偽装工作などによる困難な捜査の中で、
攻撃者の残した“痕跡”から、執拗かつ巧妙な手口で情報が盗み出された実態も明らかになりつつある。

(略)

同一グループが「波状攻撃」? 中国語圏の人物が関与か

 警察庁のまとめでは、ウイルスを仕掛けた標的型メールや、不正アクセスなどのサイバー攻撃によって
平成27年の1年間に、日本年金機構など少なくとも27組織で情報流出の被害を確認した。
前年比で22件増え、確認できる25年以降最も多かった。

 複数のネットセキュリティー関係者によると、日本を標的にした同様の攻撃はここ数年で激増している。
手口やウイルスの類似性から、同一グループが波状的に攻撃している疑いがある。
日本年金機構への攻撃をめぐっては、送り付けられたメールの文体(フォント)から、
中国語圏の人物が関与した可能性も浮上している。

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/smp/premium/news/160611/prm1606110020-s1.html
3:2016/06/11(土)12:17:33 ID:
( `ハ´)国家的事業をしてるだけアル
4:2016/06/11(土)13:03:55 ID:
だから、「ウイルス入りメール送っとくから開封して感染させるアル」と事前打ち合わせしたスパイが紛れ込んでるんだろ
5:2016/06/11(土)20:40:51 ID:
俺のサイトはその内容的に悪用しようと犯罪者も来るが、支那は必ず他国のIPアドレスに偽装してる
何故分かるのかは秘密だ
6:2016/06/11(土)20:45:14 ID:
不正アクセスされたら、逆探知が起動するシステムを構築しろ。
逆探知して逆にシステムダウンさせるウィルスを送れよ。
そのくらい出来るだろ。
7:2016/06/11(土)20:48:02 ID:
アクセスされても大丈夫なように、サーバーを完全スタンドアロンにすればいい。

投稿はローカルからのみで。
8:2016/06/11(土)20:52:05 ID:
んなこと分かりきってるんだから
狙いすましたタイミングで不祥事が起こるこの組織の浄化策のほうが重要
9:2016/06/11(土)21:35:24 ID:
<日本年金機構への攻撃をめぐっては、送り付けられたメールの文体(フォント)から、中国語圏の人物が関与した可能性も浮上>
https://twitter.com/officematsunaga/status/741448005207744512
10:2016/06/11(土)21:42:31 ID:
日本ってさあ、在日北朝鮮総連と韓国民団の反日朝鮮半島人や満州人が
日本神道の神々のふりして、ソビエトの雲の上の古代神話の神々に日本人を落として成りすましてるんじゃないか!
しかも2004年6月12日の蛍石のトンネル核爆発で核実験して
朝鮮総連韓国民団の愛知弘道会が山口組のトップになっただけだろ其れもアメリカのソビエトアメリカ管区で
アメリカをソビエト化してアメリカ人や日本人をソビエト人体実験国家にしようとした南北朝鮮人や苦座の裏八咫カラス会とアメリカ民主党は許せん
11:2016/06/11(土)21:44:43 ID:
名前を知られると力のなくなる悪魔の話
人を呪わば北朝鮮熊の穴二つ(ひとを のろわば あな ふたつ)
1.人を害すると、密かにやったつもりであっても、同じ仕打ちにあうことを覚悟すべきであるという事。
転じて、安易に他人を害しようとすることを戒める。
蝮です。お由は夜なかにそれを持ち出して、お袖の蚊帳の中に放そうとしたんですが、
やっぱり悪いことは出来ないもので、
その蝮をとり出すときに誤って自分が咬まれてしまって……。
どこを咬まれたのか知りませんが、忽ちに毒がまわって死んだという訳です。
人を呪わば穴二つとか云うのは、まったくこの事でしょう。
(岡本綺堂 『半七捕物帳 かむろ蛇』)

語源・由来[編集]
平安期、加持祈祷を生業とした陰陽師五芒星六芒星ソロモン悪魔と
日本神道の神は、
人を呪殺しようとするとき、呪い返しに遭うことを覚悟し、
墓穴を自分の分も含め二つ用意させたことに由来。

熱田神宮

主祭神
熱田大神

神体
草薙神剣(草薙剣)

12:2016/06/11(土)21:45:09 ID:
表 熊野本宮大社の社殿・祭神・本地仏
上四社
第一殿
西御前
熊野牟須美大神・事解之男神 千手観音
第二殿
中御前
速玉之男神 薬師如来
第三殿
證証殿
家都美御子大神 阿弥陀如来
第四殿
若宮
天照大神 十一面観音
中四社
第五殿
禅児宮
忍穂耳命 地蔵菩薩
第六殿
聖宮
瓊々杵尊 龍樹菩薩
第七殿
児宮
彦火火出見尊 如意輪観音
第八殿
子守宮
鵜葺草葺不合命 聖観音
下四社
第九殿
一万十万
軻遇突智命 文殊菩薩・普賢菩薩
第十殿
米持金剛
埴山姫命 毘沙門天
第十一殿
飛行夜叉
弥都波能売命 不動明王
第十二殿
勧請十五所
稚産霊命 釈迦如来

境外末社 朝苧社(あさおしゃ) - 祭神:火上老婆靈(うばのみたま)
13:2016/06/11(土)21:45:42 ID:
日本武尊が草薙剣を宮簀媛命へ渡してから熱田に剣を奉斎鎮守するまでの間、剣が火上山に置かれていたことから、「元熱田」とも呼ばれる。

青衾神社(あおぶすまじんじゃ) 所在地:名古屋市熱田区白鳥(位置)
社格:式内社「青衾神社」
祭神:天白王月神 天道日女命

松?神社(まつごじんじゃ) 所在地:名古屋市熱田区神宮(位置)
祭神:宮簀媛命

上知我麻神社(かみちかまじんじゃ、位置) 社格:式内社「上知我麻神社」後継社
祭神:乎止與命
上知我麻神社末社:大国主社(おおくにぬししゃ) - 祭神:大国主命
上知我麻神社末社:事代主社(ことしろぬししゃ) - 祭神:事代主命
かつては下知我麻神社とともに南区の星宮社に祀られていた。

龍神社(りゅうじんじゃ、位置) 祭神:吉備武彦命、大伴武日命


境外社
高座結御子神社(たかくらむすびみこじんじゃ) 所在地:名古屋市熱田区高蔵町(位置)
社格:名神大社「高座結御子神社」
祭神:高倉下命
境内末社 鉾取社(ほことりしゃ) - 祭神:鉾取神
新宮社(しんぐうしゃ) - 祭神:素盞嗚尊
御井社(みいしゃ) - 祭神:御井神
稲荷社(いなりしゃ) - 祭神:宇迦之御魂神


氷上姉子神社(ひかみあねごじんじゃ) 所在地:名古屋市緑区大高町(位置)
社格:式内社「火上姉子神社」
祭神:宮簀媛命
境内末社 元宮(もとみや) - 祭神:宮簀媛命
神明社(しんめいしゃ) - 祭神:天照大神
玉根社(たまねしゃ) - 祭神:少彦名命
14:2016/06/11(土)21:47:14 ID:
年金の運用先は知ること出来るのかな?
15:2016/06/11(土)21:49:27 ID:

別宮
八剣宮
八剣宮(はっけんぐう、位置) 社格:式内社「八剣神社」
祭神:熱田大神 - 本宮と同神


摂社

本宮祭神の妃神・御子神や地主神など、縁の深い神々を祀る。

境内社
一之御前神社(いちのみさきじんじゃ、位置) 祭神:天照大神荒魂

日割御子神社(ひさきのみこじんじゃ、位置) 社格:名神大社「日割御子神社」
祭神:天忍穂耳尊

孫若御子神社(ひこわかみこじんじゃ、位置) 社格:名神大社「孫若御子神社」論社
祭神:天火明神

南新宮社(みなみしんぐうしゃ、位置) 祭神:素盞嗚尊

御田神社(みたじんじゃ、位置) 社格:式内社「御田神社」論社
祭神:大年神
16:2016/06/11(土)21:49:57 ID:
下知我麻神社(しもちかまじんじゃ、位置) 社格:式内社「下知我麻神社」後継社
祭神:真敷刀俾命
かつては上知我麻神社とともに南区の星宮社に祀られていた。

上知我麻神社(かみちかまじんじゃ、位置)

相殿神天照大神(あまてらすおおかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
宮簀媛命(みやすひめのみこと)
建稲種命(たけいなだねのみこと)

ソロモン悪魔の72霊を日本神道の神社の神様に比定して72柱の日本神道の神柱
としたのが日本の神社のユダヤ悪魔と契約する箒を持った魔女や巫女ムダンシャーマンユタのろやアイヌのシャーマンなどと
習合した黒魔術のようだ
一般的な護符としての利用法と、起請文(誓約書)として用いる方法がある。
一般的な護符としての利用法かまど(古代ローマ竈神ヘスティア女神)の上に祀り火難除けとする。
門口に祀り、盗難除けとする。
懐中に入れ、船酔い、飛行機酔いなどを防ぐ。
病人の床に敷き、病気平癒を祈願する。

などがある。
誓約書としての利用法牛王符の裏面に起請文を書く。
こうすると誓約の内容を熊野権現に対して誓ったことになり、誓約を破ると熊
野権現の使いであるカラスが一羽(一説に三
羽)死に、約束を破った本人も血を吐いて死に、地
獄に落ちると信じられた。起請文としての牛王符を「熊
野誓紙」と言った。
火起請では手に牛王宝印を広げ、その上から鉄火棒を持った。
こうすることで、正しい者は熊野権現から灼熱に護られると信じられた。

ソビエト経営Hヤキンとボアズ名フリーメーソンロンドン橋ユダヤ生贄秘密結社「歴史」
17:2016/06/11(土)21:50:32 ID:

歴史
起源は明確でなく、素戔嗚尊と天照大神の誓約に起源を持つとか、
神武東征の際、熊野烏の助けを受けたなどの故事に由来するとなどと言われている。[1]また、「
牛王」「牛玉」とは「最上のもの」の意とも説明されるが、これらを「ごおう」と読むのは、漢方薬の牛黄(ごおう)
を朱印(悪魔を使う時のペンタグラムのような使い魔を使う免許の材料に使ったという説がある。
熊野本宮大社の牛王神符については天武天皇の白鳳11年の記録が残っている[2]。
『吾妻鏡』にある源義経の「腰越状」の記述に諸神諸社の牛王宝印に誓いを立てたとあるが、
信憑性は疑われている。
熊野牛王符が起請文として使われた最古の記録は、奈良東大寺に残る。
鎌倉時代中期の文永3(1266年)のもので、僧侶の間で紛争が起き、
熊野牛王符に誓ってそれを解決したとある[3]。
戦国時代になると、大名同士の誓約に牛王符が用いられるようになった。
豊臣秀吉の臨終が近くなったとき、徳川家康をはじめとする五大老、五奉行に「熊野牛王符」に起請文を書かせ、ここに豊臣秀頼に対する忠誠を誓約させている。
江戸時代になると遊女が客との間で熊野誓紙を取り交わし、
擬似的な結婚をすることが流行したという。もっとも、
客をたくさん取るために誓紙を乱発した遊女もいたと見えて、
上方落語の三枚起請ではそれがばれて起きるドタバタをおちょくっている。
赤穂浪士も討ち入りを前に熊野牛王符に誓約したとされる。
高杉晋作が作ったとされる都都逸、「三千世界の烏を殺し、ぬしと朝寝がしてみたい」は熊野牛王符にまつわる伝説を念頭に作られたと考えられている。
現在は熊野本宮大社の神前結婚式では誓詞の裏に牛王符を貼る。